月別アーカイブ: 2014年5月

食事で始める簡単ダイエット

ダイエットを始めるといってもどのようなことから始めたらよいかわからないと思います。急激に食生活に制限を加えたり、同じく急に激しい運動をするのも続けにくく、いい方法ではありません。そこで、簡単に始めることのできるダイエット法をここに紹介します。まず毎日の食事の調理の仕方を振り返り、ダイエットにつながるように見直してみることです。ダイエットに効果的な調理器具というものもあり、それは電子レンジ、グリル、そしてフッ素樹脂加工のフライパンなどでカロリーをセーブするといいでしょう。調理方法で言うと蒸す、焼く、煮る、炒める、最後に揚げるという順番がカロリーが高くなる調理法なので、この低いほうで調理して摂取エネルギーを抑えることもできるでしょう。材料を焼くのであれば、グリルを使えば余計な油が落とせ、また煮るときはあくを取るようにするといいでしょう。炒め物のときは、フッ素樹脂加工のフライパンを使って油を省くようにし、揚げ物のときは衣を薄くし、油はよく切った上にキッチンペーパーなどでしっかり吸い取るといいでしょう。ダイエットを簡単に始められる調理は、このように工夫するとともに食事日記をつけることも大切です。ただあまり詳しく記しすぎると面倒になりがちなので、ダイエットの意識付けになるように食事内容や時間、状況などを記録する程度のもので充分にダイエットには役に立つはずです。こんな食事日記をつけることで、毎日の食生活を見直すこともでき、ダイエットとしてよく内面などにも気づくこともできるはずで、それだけでも便利でしょう。ダイエットも続けていれば習慣になるものなので、日記とともにひとつの習慣にして進めていけばいいのです。

ダイエットは食事から

最近ちょっと体重が気になるという人がダイエットを考えたとき、まず一番に気をつけるのは食事ではないでしょうか。勝手なやり方でひどい食事制限をする人もいれば、極端に食事の量を少なくする人もいるでしょう。そのためにかえって太りやすくなってしまったり、体のどこかを壊してしまうようなこともあるので気をつけなければなりません。ではやせようとダイエットをする場合、食べ物に関しては、どんな風に食事を摂ればいいでしょうか。そのためにまずは自分がどういうわけで太ってしまったかを知った上で、ダイエットに臨む必要があるでしょう。基本的なことですが、食事から摂られる摂取エネルギーが、消費エネルギーを超えていると、肥満へとつながりやすくなります。自分の食事生活を振り返ってみて、食べすぎが普通になっていないか、また日ごろから運動不足になっていないか、それから前回のダイエットからリバウンドを起こしていないかなど自分を見つめてみましょう。そんな風にして、自分の肥満の元を見つけ出すことができたら、次はどのようなことをすればいいかもわかってくるでしょう。もしストレスによる食べすぎで太ってしまったのであれば、そのストレスをコントロールしながら食事を変えていくようなようなダイエットをすればもっとも効果があがるでしょう。とにかくまずはストレスの元を断つように努力することで、食事も普通にできるようになり、健康にいいダイエットをすることもできるでしょう。またリバウンドをしないようにきちんと食事はし、体重は急激にではなく、徐々に落とすようにするのがベストです。無理なダイエットは急に体がだるくなったり無気力になったりするので、心と体に優しいダイエットをしたいものです。