月別アーカイブ: 2014年6月

ダイエットと献立

食事を低カロリーに抑えながら、さらに栄養バランスも考えたものにすることは、ダイエットを進める上で大切なことですが、それが毎日3度3度となると、結構大変なことでしょう。ダイエット中の食事のための献立を決めるうえでは次のような点に注意しましょう。まずおかずは一人分ずつ盛り付けることで、決まった量を食べることになり食べすぎを防ぎます。ダイエット時は味付けは薄味にし、そうすることでご飯の食べすぎを防ぎます。薄味をおいしく食べるためには、ハーブやスパイスなどを上手に使うといいでしょう。またスープなどの汁物を一品にすることも、ダイエットには効果的です。スープなどの汁物は、満腹感を得やすく、他のものをたくさん食べなくてすむので、低カロリー食品を使ってダイエット用のスープをいつも用意するといいでしょう。満腹感を早く感じることができることから、やわらかいものよりもしっかりかめるもののほうがダイエットにはいいので、おかずなどでも歯ごたえのある材料を使うようにしましょう。ご飯やおかずなどがバランスよく食べられるように、ご飯やおかず、汁物などが少しずつ組み合わさるような献立をたてるようにしましょう。丼物にするときには小さめのどんぶりにして自分がいつも食べる量のご飯をお茶碗で計って入れるようにします。ダイエット時の献立は、1日30品目を目標に豆類・乾物類などを意識的に摂るようにして色々な食材を毎日の献立に取り入れることがダイエット中の食事のポイントです。このようなことを頭に入れて、ダイエットのための食事を摂るようにすると、健康的なダイエットが出来るでしょう。

ダイエット食材の選び方

食事の工夫をしながらダイエットをしようというときは、その食事を作る食材の工夫も大切ですできるだけカロリーの低いものを使うために、肉の場合はその部位によってカロリーが違うということを頭に入れ、カロリー低めの場所を選ぶようにしましょう。鶏肉ならささみが最もカロリーが低く、次にむね肉、そしてもも肉となり、牛肉と豚肉はもも肉から、ヒレ、ロース、カルビ、そして最後にバラという順でカロリーが高くなります。カロリーが高い肉は、見ただけでも脂身があるのがわかるもの、と思っても大丈夫です。ダイエットのためには、脂身の部分を取ってから調理するようにすると、よりカロリーを抑えることができます。野菜はローカロリーでビタミンやミネラルが豊富に含まれていますので、ダイエット中の食事にはどんどん摂り入れていきたいものです。加熱をするとかさが減りますので、ダイエット時には調理方法を工夫すればかなりの量を摂取することができます。それから大豆や大豆加工製品には、良質のたんぱく質がたくさん含まれており、また大豆イソフラボンが作用して肌荒れ防止や体調を整えるのに役立つので、ダイエットには最適の食材といえるでしょう。それからローカロリーで鉄分やミネラルなどを含んでいるうえ、食物繊維も豊富な海藻、こんにゃく、きのこなども利用するといいでしょう。同じ肉を選ぶときもあえて骨付き肉や丸ごと1匹の魚を選ぶと見た目のボリュームがあり食べるのにも時間がかかるのでゆっくりと食事をすることができます。ダイエット中は、こんなふうにどんな食材を用いるかというところから工夫すると効果が倍増するのです。どんな食材がダイエットに適しているかをきちんと頭に入れて、毎日の食事に摂り入れていくといいですね。